〔コラム〕ATMで現地通貨の引き出し

 海外に行くときにはその国の通貨が必要になりますが、いったいどこで現地通貨に両替するのがお得か気になります。米ドルや英ポンド、欧州ユーロなどは日本にいる間に銀行などで両替できるところも多いですし、出国のときに空港でも両替ができます。最近は日本円を持ったままでかけ到着国で現地通貨に両替できる国も多くなりました。

[PR]

 到着国での両替も、空港で行うのがいいのか、街の中に行ってから行うのがいいのか、それも国によっては銀行以外の私設両替所の方が換算レートの良いところもあり迷います。

 そして、困ってしまうのは一度両替した現地通貨があまったしまったときです。もう一度日本円に戻すと二重に両替手数料を取られることになるため、できるだけそうならないようにギリギリの金額を両替するか、それとも両替した現地通貨は全部使い切ってしまうという気前のいい方法をとるかになってしまいます。

 

 ところが最近は、日本で普段使っているクレジットカードを持っていき現地のATMで現地通貨を引き出す人たちも増えているようです。クレジットカード会社から一時的にお金を借りるような形になるのですが、その分を含めても換算レートはそう悪くないようです。そして、必要なだけ現地で小出しに現金を引きだせる便利さがあります。

 ただ、ちょっと不安なのは、ATMにカードを入れたあと、誤操作やATMの不具合によりカードが戻ってこなかったときのこと・・・・。慣れない海外の地でこんなことが起きてしまったら慌てます。日本のATMは極めて不具合がおきにくくできていますが、そのつもりで海外でATMを使うととんでもないことが起きそうでちょっと不安です。できれば銀行併設のATMなどを使うのが良いかと。そうすればもしカードがATMに飲み込まれたままになっても、窓口にいけば何とかしてくれるでしょう。

 

 東南アジアの国々でもATMの設置が進んでおり、そのATMではVISAやMaster Cardなどの国際クレジットカードで現金を引き出すことができます。

 その逆、つまり海外でクレジットカードを持った人が日本に来たときにATMで現金引き出しできるでしょうか?

 これまでは、ゆうちょ銀行やセブン銀行などのATM機が海外クレジットカードによるキャッシングを取り扱っていただけです。(参考:日本政府観光局のサイト

 ところが、国内の他の銀行も少しずつ対応するATMを増やしていくようです。

 日本経済新聞(2015年12月26日)によると、2016年春ごろには、千葉銀行や八十二銀行、琉球銀行、そして夏には北洋銀行が海外で発行されたVISAやMaster Cardの使えるATMを設置するとのことです。

 対応のためのシステム変更はなかなか大変なのでしょうが、早く大手都市銀行も対応できるようになるといいですね。

2015年12月27日

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

 

〔コラム〕ATMで現地通貨の引き出し はコメントを受け付けていません。

分類 ◇ コラム