インドネシアの政策金利、7.25%に利下げ

2016年1月18日 〔インドネシア〕

 インドネシアの政策金利が11か月ぶりに引き下げられた、インドネシア中央銀行(Bank Indonesia)は1月14日、政策金利(BI Rate)を0.25%引き下げ7.25%とすることとした。利下げは2015年2月17日以来。

[PR]

 前回の利下げは2015年2月に行われており、約3年ぶりの利下げだったが、今回は1年を待たずの利下げとなった。

 インドネシアの政策金利は、2005年12月から2006年4月までの間12.75%という高い率を維持しており、2006年11月までは二桁を保っていた。2006年12月に少しずつ利下げが始まり、2012年2月には5.75%となり、その後2013年3月まで続いたが、その後持ち直し7%台まで回復していた。

〔出典〕 Bank Indonesia(インドネシア中央銀行) BI Rate

 政策金利(%)  増減 備考
2016年1月14日7.50→7.25-0.2511か月ぶりの利下げ
    
2015年2月17日7.75→7.50-0.25約3年ぶりの利下げ

  5.75%から7%台に上昇 
2012年2月9日6.00→5.75-0.25 
    
 2011年11月10日6.50→6.00-0.50 
2011年10月11日6.75→6.50-0.25 
    
2006年4月5日12.75  

  この間12.75%を維持
2005年12月6日12.75  

 

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

インドネシアの政策金利、7.25%に利下げ はコメントを受け付けていません。

分類 インドネシア