「和食さと」がインドネシアでコンビニに巻きずし

2016年3月9日 〔インドネシア〕

 「和食さと」や「かつや」などを展開する「サトレストランシステムズ」は、インドネシアのコンビニ最大手「インドマレット」向けに巻きずしの供給を増やす。

[PR]

 現在、二十数店舗のインドマレットへの提供にとどまっているが、年内に240店舗へと拡大する予定。提供する巻きずしは、イスラム教の戒律に沿った「ハラル」対応したもので、1食200円程度で販売する。

 インドマレットはインドネシアの華人財閥「サリム・グループ」運営する現地最大手のコンビニエンスストアで全土で約10,000店を展開している。

 サトレストランシステムズは、「和食さと」をジャカルタに2店展開している。また、タイでも3店舗展開するなど海外進出を進めている。

〔参考〕

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

 

「和食さと」がインドネシアでコンビニに巻きずし はコメントを受け付けていません。

分類 インドネシア, 日系進出