フィリピン大統領選挙、主要4候補者

2016年4月17日 〔フィリピン〕

 フィリピンの大統領選が5月9日に迫っている。フィリピンでは大統領の権限が強く、閣僚などすべてを代えることができる。そのため、憲法で再選は認められておらず2010年6月の就任以来、年平均6.3%という高い経済成長を実現してきたアキノ大統領も例外なく5月に6年間の任期を終える。大統領選の主要候補者である4人についてまとめる。

[PR]

1.グーレス・ポー上院議員(47)

 無所属の女性上院議員で、国民的俳優の故フェルナンド・ポー氏の養子。世論調査は最も人気が高い。立候補を表明した9月には、高い経済成長を実現した「アキノ路線」を引き継ぐと表明。議会で汚染を追及するなどクリーンな姿勢が評価されている。ただし政治家としての経験の浅さの指摘もある。

 教会に赤子時代に置き去りにされたグレース・ポー氏は、「映画王」と呼ばれた俳優のフェルナンド・ポー氏に養子として引き取られる。米ボストン・カレッジを卒業後米国に住んでいたが、フェルナンド氏の死をきっかけにフィリピンに戻り、2013年に上院議員として初当選。夫は米国との二重国籍を持つITコンサルタントで3児の母。

 昨年12月には、大統領候補として必要なフィリピンでの居住期間が不足しているとして、フィリピン選挙管理委員会から出馬資格が取り消されましたが、ポー氏は異議を申し立て、今年3月に最高裁判所が同氏の出馬資格を認定している。〈※関連記事

2.マヌエル・ロハス前内務・自治相(58)

 アキノ大統領と同じ自由党に属し、アキノ大統領が後継指名している。大統領を祖父に持つ。ニューヨークで投資銀行に勤めたエリートでもある。2010年の大統領選挙でも有力候補だったが、アキノ大統領が母の死をきっかけに出馬したため、譲った。そのいきさつもありアキノ大統領が後継者指名したと思われる。

 ただ、ゴルフ場の横柄な発言が報じられるなどエリート臭が嫌われていることもあり、支持率は高くない。ただ、フィリピンの経済成長は起動にのったばかりで現政権の政策継承が重要な時期であり今後巻き返しが考えらえる。

3.ジェジョマル・ビナイ副大統領(73)

 副大統領就任中に全国行脚により地方の票固めをしてきている。今年に入り汚職疑惑が相次ぎ表面化しっ支持率を落としている。しかしながら、2000万人が住む南部ミンダナオ島など地方では圧倒的な人気がある。

4.ロドリゴ・ドゥテルテ ダバオ市長(71)

 ダバオ市長で元検事。国内最悪と言われてダバオ市の治安を回復させた。汚職や犯罪の撲滅が重点公約で、犯罪者の処分に関する過激な発言などで支持を伸ばしている。米大統領選で共和党指名争いを行っているドナルド・トランプ氏をなぞらえ、「フィリピン版トランプ」とも言われている。

 

 4月11日に公表された世論調査では、ドゥテルテ氏が支持率27%でトップ、ポー氏が23%で2位、ビナイ氏が20%、ロハス氏が18%と続いている。 

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

フィリピン大統領選挙、主要4候補者 はコメントを受け付けていません。

分類 フィリピン