マレーシア、1~3月期のGDP成長率4.2%と低迷

2016年5月17日 〔マレーシア〕

 マレーシア中央銀行は5月13日、2016年1~3月期の実質国内総生産(GDP)の成長率が前年同期比で4.2%増だったと発表した。2009年7~9月期以来の6年半ぶりの低水準。2015年10~12月期は4.5%だった。

[PR]

 同行は通年の成長率を4~4.5%と予測している。

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

マレーシア、1~3月期のGDP成長率4.2%と低迷 はコメントを受け付けていません。

分類 ○経済指標, マレーシア