インドネシアの第2位と第3位が4Gで提携

2016年5月17日 〔インドネシア〕

 インドネシアの携帯通信事業者2位の「インドサット」と3位の「XLアシアタ」が第4世代(4G)サービス向けの通信網整備で提携する。第1位の「テレコムセル」が資金力を強みに4Gのインフラ整備を進めており、両社はこれに対抗するために提携した。

[PR]

 インドネシアでは2015年より4Gサービスが開始している。携帯電話利用者はこれまで音声通話やショートメッセージサービス(SMS)などを主に使っていたのがスマートフォンの普及に合わせてデータ通信利用が増え、より高速な4Gの需要が高まってきている。

 業界最大手のテレコムセルはインドネシアの携帯サービス加入者の4割以上のシェアを持っている。

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 

※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。


○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

インドネシアの第2位と第3位が4Gで提携 はコメントを受け付けていません。

分類 インドネシア