インドネシアサッカー協会、FIFAの制裁解除

2016年5月18日 〔インドネシア〕

 昨年5月にFIFAの処分を受け、国際試合の出場資格が剥奪されていたインドネシアサッカー協会(PSSI)は、5月13日にメキシコシティで開催されたFIFA総会にて資格停止処分の解除が発表された。

[PR]

 資格停止処分の原因となっていた政治介入がなくなったと判断された。

5月13日、メキシコシティで開かれたFIFA総会にて、インドネシアサッカー協会(PSSI)の資格停止処分の解除が発表された。2日前の5月11日、PSSIの凍結を宣言していたインドネシア青年スポーツ省からこれを解く旨の公式文書が発行され、FIFAへも通達されていた。政治介入が終了したことにより、処分解除の条件をクリアした。

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

インドネシアサッカー協会、FIFAの制裁解除 はコメントを受け付けていません。

分類 インドネシア