Grabが資金調達。インドネシアでサービス拡充

2016年10月7日 〔インドネシア〕

 東南アジアの配車サービス(ride-hailing platform)最大手「グラブ(Grab)」は9月20日、長期戦略パートナーであるソフトバンクグループなどから新株発行を通じて計7億5千万ドルを調達したと発表した。

[PR]

 グラブは6か国31都市で、個人の車に加え、二輪車、タクシーの配車に加え、カープールサービスなども提供しており、一日あたり150万の配車を処理する巨大モバイルプラットフォームになっている。

 今回の資金調達により、以下の分野への投資を加速する計画。

  1. インドネシアでのサービス拡大とエリア拡大
  2. モバイル決済「GrabPay」の開発
  3. 運転効率向上のための研究開発

〔出典〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

Grabが資金調達。インドネシアでサービス拡充 はコメントを受け付けていません。

分類 インドネシア