外交官帰国と引換に金正男氏の遺体は北朝鮮に移送

2017年3月31日 〔マレーシア〕

 各紙報道によると、マレーシア国際空港で2月13日に殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏とされる遺体が北朝鮮に移送されることが決まった。マレーシアのナジブ首相は3月30日の声明で、北朝鮮からの出国を禁じられているマレーシア外交官と家族9人の帰国と引き換えに、遺体の北朝鮮への引き渡しと、マレーシア国内の北朝鮮人の出国を認めることで北朝鮮と合意したと発表した。マレーシア内に足止めされていた事件の重要参考人2人の帰国も認められた。

[PR]

 ナジブ首相の声明によると、北朝鮮内に足止めされていたマレーシア人9人は3月30日夜、平壌を出発し3月31日の朝にクアラルンプールに到着した模様。また、マレーシアで足止めされていた重要参考人の北朝鮮人らは3月30日夕刻に北京行きのマレーシア航空機に搭乗した模様。

 マレーシア側は、死亡した被害者の家族から「北朝鮮に戻して欲しい」との手紙を受けっており、検視官が遺体の引き渡しを認めたとしているが、遺体を金正男氏だとする表現は使っていない。

〔出所〕

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

外交官帰国と引換に金正男氏の遺体は北朝鮮に移送 はコメントを受け付けていません。

分類 マレーシア