金正男氏の遺体が北京着。マレーシア人9人は帰国

2017年3月31日 〔マレーシア〕

 マレーシアのクアラルンプール国際空港で2月13日に殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体を乗せたと思わる航空機が3月31日未明に北京の到着した。同日早朝にクアラルンプール国際空港内で行われたマレーシアのアニファ外相による記者会見で明らかになった。

[PR]

 今回の措置は3月30日、マレーシアと北朝鮮が発表した政府間合意に基づくもので、遺体の引き渡しに伴い、北朝鮮で足止めされていたマレーシア国民9人がマレーシアに帰国、また在マレーシア北朝鮮大使館にかくまわれていたと見られる重要参考人と容疑者の北朝鮮人2人がマレーシアを離れた。

 マレーシア当局は検視や親族のDNAサンプルとの照合により遺体は金正男氏で死因は化学兵器VXによる殺害だと最終確認しているが、北朝鮮は遺体は別人で死因は心臓疾患としている。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

金正男氏の遺体が北京着。マレーシア人9人は帰国 はコメントを受け付けていません。

分類 マレーシア