カンボジアの地方選挙、与党優勢

2017年6月14日 〔カンボジア〕

 カンボジアで6月4日、地方選挙(地区評議会の選挙)の投開票が実施された。現地報道などによると、フン・セン首相が率いる与党・人民党(CPP)が約7割の選挙区において最多得票となり、各地区評議会の議長の座を獲得する。

[PR]

 農村部では与党が圧勝だが、都市部では野党・救国党(CNRP)の優勢も伝えられる。

 来年7月には、国民議会選挙(国政選挙)が行われる。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

カンボジアの地方選挙、与党優勢 はコメントを受け付けていません。

分類 カンボジア