三井不動産、フィリピンで高層マンション建設

2017年7月19日 〔フィリピン〕

 三井不動産とフィリピンの大手財閥不動産会社「ロックウェル・ランド」が共同でマニラ首都圏で不動産開発を行う。高僧住宅3棟を計画している。三井不動産にとって初めてのフィリピンでの事業となる。

[PR]

 ロックウェル・ランドが80%、三井不動産が20%出資して合弁会社を設立した。マニラ首都圏ケソン市に24、28、34階建の3棟、全1700戸を建設する予定。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

三井不動産、フィリピンで高層マンション建設 はコメントを受け付けていません。

分類 フィリピン, 日系進出