配車アプリ「グラブ」がミャンマーに追加投資

2017年9月15日 〔ミャンマー〕

 シンガポールの配車アプリ大手「グラブ(Grab)」は、ミャンマーで今後3年間に総額1億ドル規模の投資を行うと発表した。

[PR]

 同社は2017年3月、ミャンマーの最大都市ヤンゴンでタクシー配車サービスを開始し、登録運転手は6000人に達している。今回投資を決定してことにより、今後他都市への展開を行っていく。

 モバイル決済サービス「グラブペイ」も拡大していく予定。

〔参考〕

〔関連記事〕

 

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

配車アプリ「グラブ」がミャンマーに追加投資 はコメントを受け付けていません。

分類 ミャンマー