ラオスの対内直接投資、中国が引き続き積極的

2017年10月7日 〔ラオス〕

 2015/2016年度のラオスの対内直接投資において、中国からの投資額は10億ドルを超え、前年度に引き続き、国外からの国・地域別で最大となった。水力発電やセメント、農業などの資源セクターへの投資が続いている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ラオスの対内直接投資、中国が引き続き積極的 はコメントを受け付けていません。

分類 ラオス