西日本鉄道がベトナムで住宅開発

2017年11月6日 〔ベトナム〕

 西日本鉄道は10月20日、ベトナム北部のハイフォン市で住宅開発をすると発表した。現地の「Vietnam Singapore Industrial Park and Township Development JOINT STOCK COMPANY(VSIP JSC)」との共同開発。

[PR]

 西日本鉄道が70%、VSIP JSCが30%を出資し合弁会社を設立し、500戸強を設立する。VSIP JSCは、ベトナムとシンガポールに国有企業がsh寿司する地元の工業団地・住宅開発企業。

 西日本鉄道は2015年3月に、阪急不動産と共同で、現地企業の「ナムロン投資株式会社(NAM LONG INVESTMENT CORPORATION)」と合弁会社を設立し、ベトナム・ホーチミン市に譲事業に参入している。

〔出典〕

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

西日本鉄道がベトナムで住宅開発 はコメントを受け付けていません。

分類 ベトナム, 日系進出