CPTPPに3項目を凍結に追加

2017年11月18日 

 環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国は、11月上旬の新協定大筋合意の際に継続協議としていた4項目中3項目をあらたに凍結する方向で調整に入っている。

[PR]

 11月11日に大筋合意した新協定では20項目が凍結となっていたが、今回新たに3項目追加され23項目の効力が一時凍結されることになる。

 今回追加されるのは、労働の紛争処理(ベトナム)、国有企業の扱い(マレーシア)、石油産業のサービス投資ルール(ブルネイ)の3項目。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

CPTPPに3項目を凍結に追加 はコメントを受け付けていません。

分類 ブルネイ, ベトナム, マレーシア