マレーシアの元副首相、「同性愛」で有罪確定

2015年2月11日 〔マレーシア〕

 マレーシア連邦裁判所(最高裁)は2月10日、マレーシアの野党連合を率いるアンワル・イブラヒム元副首相(67)を「同性愛行為」をしたとして禁錮5年の有罪判決を下した。イスラム教が国境のマレーシアでは同性愛は違法。一審で無罪だったアンワル氏だが二審で有罪判決を受けた。服役後も5年間は選挙に出馬できない。

[PR]

 アンワル氏は将来の首相候補とみられていたが、副首相時代の1998年に通貨危機対応などを巡りマハティール首相(当時)と対立して失脚。その後野党連合を率いて2013年5月の総選挙では与党と接戦を演じた。

 同氏は判決後に「政治的な意図に基づくでっち上げだ」と声明を発表。それに対してマレーシア政府は「司法は独立しており、判決を尊重すべきだ」と発表した。

 

Leave a Comment

分類 マレーシア