ロヒンギャ難民の帰還、2年以内で合意

2018年1月17日 〔ミャンマー〕

 バングラデシュ政府は1月16日、同国に逃れたミャンマーのイスラム系住民ロヒンギャ難民の帰還作業を、開始から2年以内とすることでミャンマー政府と合意したと発表した。

[PR]

 両国政府は1月16日、ミャンマーのネピドーで難民問題について協議した。

 帰還対象となるのは2016年10月以降にバングラデシュに逃れた約75万人とされている。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ロヒンギャ難民の帰還、2年以内で合意 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー