ミャンマーでコーカン族の武装勢力と国軍が交戦

2015年2月14日 〔ミャンマー〕

 ミャンマー北東部シャン州の中国系少数民族「コーカン族」居住区で、で2月9日から12日にかけて国軍と武装勢力との間で大規模な戦闘が起き、国軍側に47人の死者が出た。2月13日の国営紙が報じた。武装勢力側にも犠牲者がでているもよう。

[PR]

 コーカン族はミャンマーに軍事政権が発足した1989年に独自の武装勢力を組織し、中央政府の支配から離脱した。2011年春の民主化後は比較的安定した状態が続き、中国資本の支援を受けたカジノ施設の開発も進んでいた。

他の記事も読む
-----
〔Clisien ― ASEAN Info Clips 編集部〕 
  ※外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

ミャンマーでコーカン族の武装勢力と国軍が交戦 はコメントを受け付けていません。

分類 ミャンマー