リネットジャパン、カンボジアの小口金融買収

2018年2月13日 〔カンボジア〕

 リサイクル大手の「リネットジャパングループ」(名古屋市)は2月13日、カンボジアのマイクロファイナンス企業「チャムロン・マイクロファイナンス(Chamroeun Microfinace)」を買収すると発表した。

[PR]

 

 チャムロンの手法株主であるグラミン銀行等から株式を取得し、持ち株比率90%の筆頭株主となる株式譲渡契約を締結した。カンボジア中央銀行(NBC)など当局の承認取得が前提だが、2018年8月までに完了することを予定している。

 カンボジア全土に21の支店と職員約200名、顧客口座数24,000を持つチャムロンの買収により、同国でのファイナンス事業の拡大を加速する。

〔参考〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

リネットジャパン、カンボジアの小口金融買収 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, カンボジア, 日系進出