○インドネシアの外国人観光客、約4割がバリ島

2018年2月20日 〔インドネシア〕

 インドネシアのジョコ政権は観光業を経済の柱とする観光立国政策を推進しており、2019年までに外国人観光客の訪問者数を2000万人にすることを目標としている。2017年の外国人観光客数は1400万人で、そのうち4割がバリ島が占める。

[PR]

 2016年の国内総生産(GDP)に占める観光の割合は6.2%で、世界平均の10.2%を下回っている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

○インドネシアの外国人観光客、約4割がバリ島 はコメントを受け付けていません。

分類 *info, 〔プチノート〕, インドネシア