ヤマト、インドネシア・ミャンマーで物流手配

2018年2月22日 〔インドネシア/ミャンマー〕

 ヤマトホールディングスは、インドネシアとミャンマーで輸入関連の物流手配を始める。

[PR]

 インドネシアでは2月下旬より、輸出入や引っ越しに関して、荷主の依頼を受けて航空便や貨物船、トラックなどを予約する手配業務を開始する。同国の物流会社「マルチサラナ・バフトラマンディリ」との合弁会社「インドネシアヤマト・フォーワーディング」が業務を担う。

 ミャンマーでは2018年4月から、輸出入の手配やトラック輸送を手掛ける予定。ミャンマーの進出にあたっては同国の物流会社「アヤ・インターナショナル・グループ」と合弁会社「ヤマトグローバルロジスティックスミャンマー」を設立した。

○ヤマトホールディングスの東南アジア展開

  • 2010年 シンガポールで宅配便開始
  • 2011年 マレーシアで宅配便開始
  • 2016年 タイのサイアム・セメント・グループと合弁会社設立
  •  同  マレーシア宅配大手GDエクスプレスに出資
  •  同  マレーシアの物流会社OTLグループを買収
  • 2018年 インドネシアとミャンマーで物流手配に参入

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ヤマト、インドネシア・ミャンマーで物流手配 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア, ミャンマー, 日系進出