タイ総選挙、3カ月遅れで実施を暫定首相が認める

2018年2月28日 〔タイ〕

 軍事暫定政権下にあるタイの民政復帰に向けた総選挙の実施は、来年2月までずれ込むこととなった。プラユット暫定首相が従来公約していた今年11月から3カ月遅れとなること首相自身が認めた。

[PR]

 プラユット暫定首相は2月27日、総選挙の実施について「遅くとも来年2月までに実施する」と表明した。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

タイ総選挙、3カ月遅れで実施を暫定首相が認める はコメントを受け付けていません。

分類 タイ