さいたまのLPガス販売がタイの進出

2018年3月6日 〔タイ〕

 液化石油(LP)ガス販売の「サイサン」(さいたま市)は、タイのLPガス市場で民間4位のシェアを持つ「PAPガス・アンド・オイル」(バンコク)の株式49%を経営者から取得することで合意した。

[PR]

 PAPガスはタイ石油公社から直接LPガスを購入する権利を持ち、LPガススタンド4カ所、LPがし充填所兼貯蔵設備5カ所を保有する。2017年には一般家庭用の小売り事業を始め、10店舗を運営する。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

さいたまのLPガス販売がタイの進出 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ, 日系進出