日揮がベトナム最大級の太陽光発電で受注

2018年3月6日 〔ベトナム〕

 日揮は3月5日、ベトナムで太陽光発電所建設プロジェクトを受注したと発表した。ベトナムのTTCグループ傘下の「ザライ電力合弁会社(Gia Lai Electricity Joint Stock Company)」が同国内で計画する太陽光発電所建設に関する受注で、完成すると出力が約5万キロワットとベトナム最大級となる見通し。

[PR]

 プロジェクトは中国やドイツの企業との競り合いの結果受注。ベトナムなぶのザライ省クロンパ地区に11月まで納入する。

 ベトナムでは現在、石炭火力発電と水力発電が多くを占めているが、今後は再生可能エネルギーの比率を高めていき、2030年までに1200万キロワットとする方針だ。

 

〔参考〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

日揮がベトナム最大級の太陽光発電で受注 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ベトナム, 日系進出