フィリピン財閥、マニラ沖合に新空港建設計画

2018年3月6日 〔フィリピン〕

 フィリピンの大手財閥「SMグループ」が、地元インフラ企業と組んで、首都マニラ南の沖合に新空港を建設する計画を政府に提出した。運営開始から50年後に政府に引き渡すとしている。

[PR]

〔関連記事〕

 

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

フィリピン財閥、マニラ沖合に新空港建設計画 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン