タイと円・バーツ直接交換取引拡大に向けた覚書

2018年3月10日 〔タイ〕

 日本の財務省はタイ中央銀行と、円とバーツの直接交換取引枠拡大に向けた協力覚書を交わす。

[PR]

 タイは、海外でのバーツ保有の上限を3億バーツに規制しているが、日本側は取引を増やすためにその保有規制を緩めるよう求める。

 タイは1997年のアジア通貨危機を経験しており、バーツを巡る投機的な動きで自国経済が打撃を受けるのを避けるために規制を設けている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

タイと円・バーツ直接交換取引拡大に向けた覚書 はコメントを受け付けていません。

分類 タイ, 日本関連