ベトナムのLCC最大手が豪州に初の直行便

2018年3月20日 〔ベトナム〕

 ベトナムの格安航空(LCC)最大手「ベトジェットエア」は、2019年中にホーチミン市と豪州ブリスベンを結ぶ路線を開設する。同社が豪州への直行便を就航させるのは創めた。

[PR]

 一方、国営ベトナム航空は2017年3月に、ハノイとシドニーを結ぶ直行便を開設している。

 

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ベトナムのLCC最大手が豪州に初の直行便 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ベトナム