国際協力銀行などがインドネシア地熱発電に融資

2018年3月30日 〔インドネシア〕

 国際協力銀行(JBIC)、丸紅、東北電力などはインドネシアの地熱発電事業に対し5億3900万ドルを協調融資する。

[PR]

 地熱発電所はインドネシアのスマトラ島南部に2018年夏ごろに着工し、2020年末までの完成を目指す。発電能力は9万8000キロワットで、完成後30年はインドネシア国有電力公社PLNに販売する。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

国際協力銀行などがインドネシア地熱発電に融資 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア, 日系進出