「チャットボット」でインドネシア企業と提携

2018年4月2日 〔インドネシア〕

 チャットボットを手掛ける日本の「カラクリ」(東京・渋谷)は、インドネシアの同業「カタ.ai」と業務提携した。カラクリは自社の持つ自然言語処理技術をベースにしてインドネシア語に対応したサービスを展開していく。

[PR]

 カタはインドネシアのチャットボット開発の大手で、米アクセンチュアや英蘭ユニリーバなどにサービスを提供している。

 カラクリは2016年3月設立で、2017年10月にコールセンター向けチャットボット「Karakuri」の提供を開始した。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

「チャットボット」でインドネシア企業と提携 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア, 日系進出