インドネシアMRT向けの日本の新造車両到着

2018年4月5日 〔インドネシア〕

 インドネシア初の都市高速鉄道「MRT」が2019年3月の開業に向けて建設中だが、そこで使われる日本製の新造車両が4月4日、北ジャヤカルタ市の港に到着した。これまでも日本から中古車両が多く使われてきたが、新しい車両の輸入は約20年ぶりという。

[PR]

 MRTでは、1編成6両の列車が16編成導入される予定で、計96両を日本車両と住友商事が受注していた。今回インドネシアに到着したのはそのうちの12両。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

インドネシアMRT向けの日本の新造車両到着 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア, 日系進出