マレーシア連邦議会下院、4月7日に解散

2018年4月8日 〔マレーシア〕

 マレーシア連邦議会下院が4月7日、解散した。今年6月24日に5年間の任期が満了する予定だったが、期限を待たず解散し、総選挙を迎えることになった。

[PR]

 マレーシアの国営投資会社「1MDB」を巡って幹部や関係者による多額な横領や、ナジブ首相の関与などの疑惑の声があっており、その報道を封じ込めるかのように、ナジブ政権は「反フェイク(偽)ニュース法案」を成立させた。

 また、ナジブ政権の交代を訴えるマハティール元首相率いる政党「マレーシア統一プリブミ党」の活動を30日間停止する命令を4月5日に出している。

 ナジブ政権としては、総選挙を戦う準備が整ったということで、下院解散に踏み切ったようだ。

 

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシア連邦議会下院、4月7日に解散 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア