ミャンマー国軍、ロヒンギャ殺害の兵士に懲役10年

2018年4月11日 〔ミャンマー〕

 ミャンマー国軍司令部は4月10日、イスラム系少数民族ロヒンギャの住民10人の虐殺にかかわった国軍兵士7人に対し懲役10年の刑が科されたと発表した。ラカイン州インディン村で、法的手続きを経ずにロヒンギャの住民を殺害した。

[PR]

 同事件に関わったとして、兵士以外にも地元住民や警察官も逮捕されている。

 

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ミャンマー国軍、ロヒンギャ殺害の兵士に懲役10年 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー