ミャンマー閣僚、ロヒンギャ難民キャンプ初訪問

2018年4月12日 〔ミャンマー〕

 ミャンマーのウィン・ミャ・エー社会福祉・救済復興相は4月11日、ミャンマ政府閣僚として初めてロヒンギャの避難先となっているバングラデシュの難民キャンプを訪問した。

[PR]

 ウィン・ミャ・エー氏は難民の代表者と面会し、ミャンマーの受け入れ体制が整っていることを説明したが、難民は現状での帰還に対しては消極的。ミャンマーとバングラデシュの両国政府は、ロヒンギャ難民のミャンマーへの早期帰還で合意しているが、現在も始まってはいない。

 

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ミャンマー閣僚、ロヒンギャ難民キャンプ初訪問 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー