ミャンマーの記者裁判、警察官が「ワナ」証言

2018年4月21日 〔ミャンマー〕

 ヤンゴン地区裁判所で4月20日に開かられたロイター通信の記者2人に対する裁判で、検察側の証人の警察官が、記者2人の逮捕はワナだったと証言した。

[PR]

 ロイター記者2人は、イスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害を取材していたが、2017年12月、機密文書を不法所持した容疑で逮捕されていた。

 検察側の証人として出廷した警察官は、「警察幹部が部下に対して、記者に文書を渡して店を出たところを逮捕するように指示をした」と証言したという。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ミャンマーの記者裁判、警察官が「ワナ」証言 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー