インドネシア国営石油会社で社長解任

2018年4月21日 〔インドネシア〕

 インドネシアの国営石油最大手「プルタミナ(Pertamina)」は4月20日、エリア・マッサ社長を解任したと発表した。

[PR]

 同社を監督する国営企業省によると、同社の販売するレギュラーガソリンの販売価格を巡りジョコ政権と対立したことが理由。

 プルタミナはレギュラーガソリンの販売をほぼ独占している。

 エリア氏は2017年3月に就任したばかり。また、エリア氏のほか4人の取締役も同時に解任された。同社取締役数は9人。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

インドネシア国営石油会社で社長解任 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア