国連安全保障委員会の視察団がスー・チー氏と面会

2018年5月1日 〔ミャンマー〕

 ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの迫害問題をめぐり、国連安全保障委員会の視察団が4月30日、同国の首都ネピードーでアウン・サン・スー・チー国家顧問と面会した。

[PR]

 視察団は安保理15カ国の国連大使らで構成されている。スー・チー氏との面会にさきがけ、4月29日にはバングラデシュ南東部の難民キャンプを訪問した。また、5月1日には、治安部隊とロヒンギャ系武装集団とが衝突した西部ラカイン州を訪問する予定。

 

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

国連安全保障委員会の視察団がスー・チー氏と面会 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー