ベトナム政府が南シナ海の油田開発の中止要請

2018年5月7日 〔ベトナム〕

 ベトナムと中国が領有権を巡り争う南シナ海の海域で油田開発を予定していたスペインの石油・ガス大手「レプソル」が、今年3月にベトナム政府より事業中止の要請を受けていた。レプソルはベトナム政府に補償を求めて交渉をしているようだ。英BBC放送(電子版)が5月5日報じた。

[PR]

 BBCによれば、ベトナム政府は当初レプソルによる開発を認めていたが、中国からの圧力があり方針を転換したようだ。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ベトナム政府が南シナ海の油田開発の中止要請 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ベトナム