シンガポールで駐車場支払い用の非接触カード

2018年5月7日 〔シンガポール〕

 シンガポールの電子決済機関「NETS(ネットワーク・フォー・エレクトロニック・トランスファーズ)」は5月2日、駐車場の料金払いに対応した非接触型ICカード「コンタクトレス・キャッシュカード」を導入した。カードは国内のコンビニエンスストアで販売が開始された。

[PR]

 新型カードは、道路の自動料金徴収システム(ERP)用のカードの機能強化版で、駐車場の決済端末にカードをかざすことで支払い可能となる機能が追加された。さらにスマートフォンのアプリで取引履歴の確認もできるようになった

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

シンガポールで駐車場支払い用の非接触カード はコメントを受け付けていません。

分類 *news, シンガポール