マハティール政権、6月1日に消費税廃止

2018年5月17日 〔マレーシア〕

 マレーシアのマハティール政権は5月16日、6月1日付で消費税を廃止すると発表した。消費税は2015年4月、ナジブ前政権時代に導入され、現在の税率は6%。

[PR]

 マハティール氏が率いた野党連合は総選挙の公約で消費税廃止を訴えており、早々に実施した。

 消費税廃止により減収となる財政について、マハティール首相は「歳出に大きな無駄があり、今後切り込んでいく」と語っている。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マハティール政権、6月1日に消費税廃止 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, マレーシア