タイで荷主とトラックを結ぶサービス開始

2018年5月24日 〔タイ〕

 日本の自動車部品大手「矢崎総業」とシステム開発の「トラボックス」(東京・渋谷)が、タイの商用車向けシステム会社「DTCエンタープライズ」(バンコク)と組み、貨物トラックと荷主を結びつけるインターネットサービスを6月からタイで始める。

[PR]

 荷主は無料で利用でき、運送会社が登録料1000バーツとサービス利用料1000バーツ(月額)を支払う。

 3社は、9月にはタイで新会社「トラムーブ」を設立する予定。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

タイで荷主とトラックを結ぶサービス開始 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ, 日系進出