ミャンマーへ自力で帰還のロヒンギャ62人受入れ

2018年5月28日 〔ミャンマー〕

 ミャンマー政府は5月27日、バングラデシュに逃れていたイスラム系少数民族ロヒンギャ難民62人を受け入れると発表した。今回の受け入れはバングラデシュとミャンマー両政府の合意した手続きによるものではなく、自力でミャンマーの戻ってきた難民だ。

[PR]

 自力で国境を越えミャンマーに入国してきたてきた62人は、不法入国などの疑いでミャンマーの治安当局に拘束され5月26日に国境付近に設けられた帰還難民の受け入れ施設に移された。居住確認や身分証の発行などの手続きを経て、ラカイン州北部にあるラープーカウンの一時滞在施設に収容させる予定。しばらく施設に滞在後、以前居住していた村の近くに移されるとしている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ミャンマーへ自力で帰還のロヒンギャ62人受入れ はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー