マレーシア航空17便撃墜ミサイル、ロシア陸軍特定

2018年5月28日 〔マレーシア〕

 ウクライナ東部で2014年にミサイルにより撃墜されたマレーシア航空17便について捜査している合同捜査チームは5月24日、同機を撃ち落としたミサイル「Buk」は、ロシア西部クルスクのロシア陸軍第53対空ロケット旅団からウクライナ側に持ち込まれたたものだと公表した。

[PR]

 捜査チームがオランダ中部の記者会見で明らかにした。

 以前からロシアから持ち込まれた地対空ミサイルであることは判明していたが、部隊名を初めて特定した。ロシアは関与を否定するものとみられている。

 当時撃墜されたのは、アムステルダム発クアラルンプール行きマレーシア航空17便(MH17)で、乗客乗員298人が死亡した。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシア航空17便撃墜ミサイル、ロシア陸軍特定 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア