大林組がバンコク中心部で高層ビル開発

2018年6月5日 〔タイ〕

 大林組がタイ・バンコク中心部で地上29階建ての高層ビルを開発する。バンコク中心部のクーロントゥーイ区に建設し、高架鉄道「スカイトレイン(BTS)」の最寄駅に直結する予定。2021年中の完成を目指す。

[PR]

 バンコクには高さ313m、77階建ての「マハナコン(MahaNakhon)」が2016年8月29日に開業している。タイ国内最高層のビルでBTSのチョンノンシー駅のすぐ前の「シーロム・サトーン」と呼ばれる地区に立つ。開発はタイの「ペース・ディベロップメント(PACE Development)」。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

大林組がバンコク中心部で高層ビル開発 はコメントを受け付けていません。

分類 タイ, 日系進出