トヨタ、東南アジア配車大手「グラブ」に出資

2018年6月14日 

 トヨタ自動車は6月13日、シンガポールの配車サービス大手「グラブ(Grab)」に10億ドルを出資すると発表した。同社は2017年8月にグラブとの協業を発表していた。

[PR]

 グラブは東南アジアは、シンガポールに加え、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、そしてカンボジアの9か国で配車サービスを展開している。

 また、今年3月には、米国の配車アプリ大手「ウーバー(Uber)」の東南アジア事業の譲渡をうけることも公表され、同じく東南アジアで配車アプリを展開するインドネシアの「ゴジェック(Go-jek)」を引き離していくと思われる。

 トヨタ自動車の出資は6月下旬となる見込みで、出資後はトヨタからグラブに取締役と執行役員が派遣される予定。

 すでにシンガポールではグラブの保有するレンタカーにトヨタが開発した通信端末を搭載し、収集した走行データと連動する保険商品の提供を始めている。

 今後、トヨタは、搭載した通信端末により収集したデータを活用する「コネクテッドカー」を中核に据え、新たなサービス開発を進めていく。

 

〔参考〕

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

トヨタ、東南アジア配車大手「グラブ」に出資 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, 日系進出