日本2位の香料メーカーがインドネシアとタイにラボ

2018年6月19日 〔インドネシア/タイ〕

 香料メーカー日本2位の「長谷川香料」は、小型実験施設「サテライトラボ」を4月にインドネシア・ジャカルタに、6月にはタイ・バンコクに開設した。ラボには香料のサンプルを調整する設備や、飲料品を試作するキッチンなどが完備されている。

[PR]

 長谷川香料は、2003年に対に営業を開設している。それ以降、2014年にはマレーシアでペレスコル社を買収、インドネシアに営業所を開設、フィリピンやベトナムには現地スタッフを置くなどしている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

日本2位の香料メーカーがインドネシアとタイにラボ はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア, タイ, 日系進出