マハティール首相がシンガポールへの水価格に言及

2018年6月29日 〔マレーシア〕

 マレーシアのマハティール首相は6月25日、シンガポール国営の「チャンネル・ニュース・アジア」のインタビューで、「シンガポールへの水の供給価格は安すぎる。価格の再交渉を定期したい」と述べた。

[PR]

 シンガポールで消費される水はマレーシアからの供給に頼ってきている。1962年には両国で水取引に関する取り決めに調印。その取り決めも2061年には失効する。

 マハティール氏の発言に対してシンガポール外務省は「両国は全ての合意条件に完全に従わなければならない」と反論した。

〔参考〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マハティール首相がシンガポールへの水価格に言及 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア