バリ島、火山灰の影響で空港一時閉鎖

2018ね6月29日 〔インドネシア〕

 インドネシアのリゾート地バリ島のングラ・ライ国際空港が6月29日、アグン山から噴き出した大量の火山灰の影響で閉鎖とあった。同日午後7時までの時限措置だとしているが、延長される可能性もある。

[PR]

 バリ島の北東部にあるアグン山は、2017年9月から火山活動が活発になり、2017年11月には約半世紀ぶいに噴火していた。その際にも、同空港は2日半の間閉鎖された。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

バリ島、火山灰の影響で空港一時閉鎖 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア