マレーシア政府、全27閣僚が決定

2018年7月3日 〔マレーシア〕

 マレーシア政府は7月2日、新たに13人の閣僚を公表した。外相には与党連合・希望連名で幹事長をつとめるサイフディン・アブドゥラ氏が起用された。5月には財務相、経済相などは就任済みで、今回の新閣僚決定により首相を含む全27人の閣僚ポストが埋まった。

[PR]

 マハティール首相は就任後、経費抑制のために閣僚ポストを35人から27人に減らしている。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

マレーシア政府、全27閣僚が決定 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア