アジアの訪問先ベスト10に東南アジアから3カ所

2018年7月19日 〔ベトナム/タイ/インドネシア〕

 旅行ガイドブック「ロンリープラネット(lonely planet)」が発表した「アジアの訪問先ベスト10 2018年版」で、ホーチミン市(ベトナム)が3位、チェンマイ(タイ)が6位、そしてコモド国立公園(インドネシア)が10に選ばれた。

[PR]

 ベスト10は以下の通り。

  1. Busan, South Korea 釜山(韓国)
  2. Uzbekistan  ウズベキスタン
  3. Ho Chi Minh City, Vietnam  ホーチミン市(ベトナム)
  4. Western Ghats, India 西ガーツ山脈(インド)
  5. Nagasaki, Japan 長崎(日本)
  6. Chiang Mai, Thailand チェンマイ(タイ)
  7. Lumbine, Nepal ルンビニ(ネパール)
  8. Arugam Bay, Sri Lanka アルガムベイ(スリランカ)
  9. Sichau, China 四川省(中国)
  10. Komodo National Park, Indonesia コモド国立公園(インドネシア)

〔参考〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

 

アジアの訪問先ベスト10に東南アジアから3カ所 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア, タイ, ベトナム